東京ペット火葬,埼玉ペット火葬,千葉ペット火葬,自宅供養をおすすめする個別火葬専門店

愛するペットが亡くなったら慌てないでご連絡ください。
お問い合わせは 0120−12−5757 アメリカンペットメモリアル (ペットの安置方法)

兎,うさぎ,ウサギ,usagi,rabbitの日頃のケア

☆兎,うさぎ,ウサギ,usagi,rabbitの日頃のケアを心がけましょう

ウサギの健康を維持するために、日頃から次のことに気をつけてあげましょう。

エサについて:

ウサギの食事は、朝夕の2回が目安。時間を決めておきます。

散歩について:

散歩は必須ではありません。性格が臆病なウサギの場合は、室内で運動させましょう。外出する際、ウサギはペットキャリーに入れ、キャリーから出すときは必ずリードを着けて、除草剤や農薬が使われていない草原で遊ばせます。熱中症になりやすい暑い日の外出は避けること。

グルーミングについて:

長毛種は週に3~4度ブラッシングします。被毛の状態によっては毎日行いましょう。毛の手入れ不足は球根症の原因になります。 短毛種は換毛期(春・秋)に手入れする程度で大丈夫です。

ウサギやゲッ歯類は歯が命です:

ウサギ、ハムスター、チンチラ、モルモット、リスの歯には、生涯伸び続けるという特徴があり、食べる、歯をこすり合わせる、かじり木をかじることで適正な長さを保ちます。 干し草やかじり木が嫌いで、あまり歯を使わなかったり、ケージの金属部分など固い物をかじる癖があると、歯の長さや生える方向に異常が生じます。これを「不正咬合」といいます。 遺伝による不正咬合も数多く報告されています。迎え入れる前に確認してください。 不正咬合は、日頃からペレットを適量食べ、歯をよく動かして干し草を充分に食べさせることで予防することができます。口腔内の炎症などで、歯を使いたがらなくなることが多いので、動物病院で定期的に健診を。ウサギやゲッ歯類は歯が命。健康で長生きさせるために、歯のチェックが重要です。


☆兎,うさぎ,ウサギ,usagi,rabbitの体重と注意する病気

兎,うさぎ,ウサギ,usagi,rabbitの体重と注意する病気の詳細はこちら

☆兎,うさぎ,ウサギ,usagi,rabbitの異常を早期発見

兎,うさぎ,ウサギ,usagi,rabbitの異常を早期発見の詳細はこちら

☆兎,うさぎ,ウサギ,usagi,rabbitの主な種類とその特徴

兎,うさぎ,ウサギ,usagi,rabbitの主な種類とその特徴の詳細はこちら

☆兎,うさぎ,ウサギ,usagi,rabbitがなりやすい病気

兎,うさぎ,ウサギ,usagi,rabbitがなりやすい病気の詳細はこちら

☆彡 上に戻る

兎,うさぎ,ウサギの火葬・葬儀の疑問におこたえします


アメリカンペットメモリアルの5つ特徴
*弊社の特徴*
ご遺体の安置方法
*ご遺体安置*
移動火葬者ってどんなもの?
*移動ペット火葬車*
レンタルの棺とは
*アメリカ棺*
返骨とは
*返骨*

弊社の兎,うさぎ,ウサギの火葬・葬儀における無料サービス


個別立会無料
*個別立会無料*
送迎無料
*送迎無料*
保冷剤無料貸出
*保冷剤無料貸出*
骨上げ無料
*骨上げ無料*

弊社の兎,うさぎ,ウサギの火葬・葬儀における有料サービス 


アメリカンペットメモリアルの無料サービス
*粉骨*
長期保存袋
*長期保存袋*
アメリカ製お棺;レンタル商品
*レンタル*

☆ミ うさぎの情報に戻る

ホームペット何情報うさぎの情報>ケア

*お申し込みされる前に*

*気になる情報*

お星様になった
ペットちゃん達のお部屋

お気軽にお電話ください。星になったペットちゃん達

*ペット火葬・ペット葬儀の受付*


フリーダイヤルマーク

 東京・埼玉・千葉は
 フリーダイヤル  0120−12−5757


 その他の地域・IP電話からの お問合せ

Tel: 042-461-3319
FAX:042−461−5193

e-mail: kayoko_k1021@yahoo.co.jp

 ペット火葬・ペット葬儀、個別立会い専門
    アメリカンペットメモリアル
 所在地 〒202-0021
  東京都西東京市東伏見5-9-24
バナー
 弊社は自宅供養を奨励しています

*ご火葬・ご葬儀が可能なペットの種類*