ペット供養とは、どうすればいいのでしょうか?【アメリカンペットメモリアル】

通話無料:0120-12-575724時間365日受付中
個別火葬専門店

ホームご自宅供養のおすすめ>ペット供養とは

自宅供養
愛するペットが亡くなったらペット供養をしてあげましょう

ペット供養とは、どうすればいいのでしょう

☆ペット供養について


ペットの供養自体は古くから行われており、例えば縄文時代の遺跡から犬の埋葬跡が発見された事例がある(ペット、柴犬、縄文時代も参照)。これらは居住区の近くに土葬をするのが通常であった。また古代エジプトでは猫のミイラも発見されており、愛着のある・あるいは道具として役に立った動物を、丁寧に葬る習慣は世界各地で見出される。

しかし現代におけるペットの家族化(→コンパニオンアニマル)に伴い、ペットが亡くなった際に人間と同じように法事(葬儀、位牌、仏壇)、埋葬を望む人が増えている。
この需要に伴いペットへの法事のサービス業態化や、ペット霊園の整備が行われるようになった。


ペットの遺体の法的定義


廃棄物の処理及び清掃に関する法律第2条第1項、第2項により、ペットの遺体は一般廃棄物となる。そのため、その埋葬については、一般廃棄物の焼却処分や埋立処分の基準を満たす必要がある。河川や公園などの公有地や他人の土地にペットの死骸を埋めた場合は、廃棄物の不法投棄となり同法律により罰せられる。

また、海に投棄することも同法律施行令で禁じられている。適切に焼却した上で、不衛生にならない形で自宅の敷地内に埋めたならば、法律上の問題はないと思われる。 (出典:ウィキペディア)


☆ペット供養にたいする考え方


供養で一番大切なのは「ありがとう」の気持ちです。
ペットとの出会いは、家族の心に豊かさを与えてくれました。一緒に暮せた時間はとても大事な時間です。

家族として悩みなどを抱えていても、黙ってペット達はそんな気持ちを和らげ、忘れさせてくれました。 いろいろな思い出に心から感謝して、手を合わせてあげ、想い出してあげることが大事です。

「君に出会えたおかげで、とても楽しかった、幸せだった」 と感謝して毎日お水やお線香をあげ心をこめて手を合わせてあげて下さい。

供養とはもともと、自分にできる精一杯の事をしてあげるという意味だそうです。
何より真心をこめて感謝することが大切だと思います。


供養の意味とは


「供養」というのは、「人」が、「共に」、「養う」という意味であるそうです。 それは亡くなったものをなぐさめるという意味ではなく、、生きているものが成長することの意味です。 亡くなったものを供養することで、残った家族が悲しみを忘れ、前向きに生きていくことであり、そういったことを亡くなったものとの、共同で行う作業が「供養」であるとのことです。

ご自宅供養・お手元供養の意味→ご自宅供養・お手元供養の詳細はこちら




ペット火葬・ペット葬儀のアメリカンペットメモリアル
フリーダイヤル 0120-12-5757
お申込み・ご相談・ご質問はこちらまで

 弊社のペット火葬・葬儀の情報 

弊社のペット火葬・ペット葬儀における出張費無料サービス地域 

東京都の23区と都下部及び埼玉県の一部・千葉県の一部が出張可能地域です。 詳細は下記をご覧ください。

0120-12-5757