東京ペット火葬,埼玉ペット火葬,千葉ペット火葬,自宅供養をおすすめする個別火葬専門店

愛するペットが亡くなったら慌てないでご連絡ください。
お問い合わせは 0120−12−5757 アメリカンペットメモリアル (ペットの安置方法)

ペットのメタボリックシンドローム


メタボリックシンドローム

メタボリックシンドロームってご存知ですか?
メタボリックシンドロームは日本語で「内臓脂肪症候群」あるいは「代謝症候群」といい、
世間では「メタボ」とよく云われています。
この「メタボ」は正確には、「内臓脂肪型肥満」に高血糖症、高血圧、脂質異常の3つの内の2つ以上を加えた状態を指します。
また、「内臓脂肪型肥満」とは、主にお腹を中心に内臓に必要以上の脂肪が蓄積された状態をいいます。
「内臓脂肪型肥満」は比較的新しい病気の概念であり、総称です。内臓脂肪が過剰に蓄積されると色々な生活習慣病を併発されやすく、また進行をは早めることが最近の医学で解明されてきています。
犬や猫などのペットでも、メタボや生活習慣病が存在します。これは自然には起こりにくいため、飼い主の管理が原因となります。
特に犬や猫の生活習慣病は目立ちます。主な病気は、心臓病腎臓病・肝臓病・尿石症・糖尿病・関節異常・骨格系異常などです。
肥満体質では、運動能力の低下や代謝能力の低下が起こり、さらにホルモンバランスが崩れて、免疫力の低下も見られる悪循環の体質となり管理不能状態になります。

太りやすいので注意したい犬種

ラブラドールレトリバー
スパニエル
ボストンテリア
ピーグル
ブルドッグ
セントバーナード
ニューファンドランド
バセットハウンド
フレンチブルドッグ
グレートビレニーズ
コッカースパニエル
シェットランドシープドッグ
シーズー
ゴールデンレトリバー
ダックスフンド
バーニーズマウンテンドッグ
パグ
キャバリアキングチャールズ
ウエルシュコーギー
ロングコートチワワ

主に太りにくい犬種

ドーベルマン
グレイハウンド
ジャーマンシェパードドッグ
ウイペット
サルーキ

※猫は品種の違いによって太りやすいと云うものはないそうです。

生活環境の改善を考えましょう

1.去勢・避妊手術後は太りやすい体質に変化するので食事量の管理が必要です。
2.猫など狩猟動物は、本来、本能的に栄養やカロリーの吸収率が高い。
3.室内飼いが増え、運動量が低下している傾向がある。
4.犬猫に「やけ食い」はないが、ストレスが原因で太る事がある。
5.1日分のオヤツと食事の総合量を把握する。
6.ドカ食いをさせないよう、1回分の量を調整する。
7.ストレスを感じさせない工夫をして運動量を増やす。

生活環境病の種類

心臓病
腎臓病
肝臓病
尿石症
糖尿病
関節異常
骨格系異常

☆ミ 上に戻る

ホーム>ペットのメタボリックシンドローム

*お申し込みされる前に*

*気になる情報*

お星様になった
ペットちゃん達のお部屋

お気軽にお電話ください。星になったペットちゃん達

*ペット火葬・ペット葬儀の受付*


フリーダイヤルマーク

 東京・埼玉・千葉は
 フリーダイヤル  0120−12−5757


 その他の地域・IP電話からの お問合せ

Tel: 042-461-3319
FAX:042−461−5193

e-mail: kayoko_k1021@yahoo.co.jp

 ペット火葬・ペット葬儀、個別立会い専門
    アメリカンペットメモリアル
 所在地 〒202-0021
  東京都西東京市東伏見5-9-24
バナー
 弊社は自宅供養を奨励しています

*ご火葬・ご葬儀が可能なペットの種類*