ペットにとって危険な食べ物の情報を調べました【アメリカンペッロメモリアル】

通話無料:0120-12-575724時間365日受付中
個別火葬専門店

ホーム>ペットにとって危険な食べ物


危険なフード

ペットにとって危険な食べ物


ペットにとって危険な食べ物の再認識


ドッグフード:

猫がドッグフードを食べ続けると猫に必要なタウリンが不足し栄養不足になる

ドッグフード


キャットフード:

犬がキャットフードを食べ続けると栄養過多で肥満になる

キャットフード


ねぎ類:

タマネギ、長ネギ、ニラ等は溶血性貧血を起こす

タマネギ


カカオ類:

チョコレート、ココアは中毒を起こす

カカオ


サプリメント:

人間用の鎮痛剤、風邪薬、抗うつ剤、栄養補助食品は中毒を起こす

サプリメント


アセトアミノフェン:

風邪薬の鎮痛剤に含まれ、猫は錠剤一錠で致死量

アセトアミノフェン


イブプロフェン:

風邪薬などに含まれ、犬は錠剤数錠で腎臓障害を引き起こす報告がある

イブプロフェン


キシリトール:

甘味料の一種で、特に犬には有害で少量摂取でも数十分で血糖値が低下する

キシリトール


レーズン・ブドウ:

個体差により有害で嘔吐・下痢・腹痛・腎不全などの症状が出る

レーズン


ニンニク:

たまねぎ同様の危険因子があるようだが未だ未解明

ニンニク


ナッツ類:

アカデミアナッツは消化に悪く、 レーズン・ブドウ同様に有害である

ナッツ


豚肉:

生の豚肉は有害なトキソプラズマがいる可能性があり、加熱処理をすること

豚肉


鶏骨・鯛の骨:

鶏骨・鯛の骨は砕くと鋭利な刃物状になり喉や消化器官を損傷する

鶏骨


アルコール:

嘔吐・下痢・意識障害・血圧低下・痙攣・呼吸障害などの症状が出る

アルコール


カフェイン:

お茶ヤコーヒー・コーラに含まれ、心臓や神経系に異常を起こす

カフェイン


牛乳:

牛乳に含まれる乳糖を消化するラクターゼ(酵素)がないため下痢をする

牛乳


キノコ・タケノコ:

消化が悪く、胃腸障害を起こす

タケノコ


パン:

意外に塩分が多いので、肝臓や腎臓に悪影響を起こしやすい

パン


トウモロコシ:

犬猫は生理的に消化しにくいため、消化不良・下痢・結石を起こしやすい

トウモロコシ


大豆・アルファルファ:

膨張し、胃拡張・コチョウ症・胃ネンテンの症状が出る

アルファルファ


生卵:

生のままだと下痢・皮膚炎・結膜炎を起こす。熱処理すれば安全である

生卵


アワビ:

日光に当たると毒素になる成分が含まれるため皮膚炎を起こす。特に猫は注意

アワビ


スルメ:

膨張し、消化できず胃腸障害を起こす

スルメ


イカ・タコ:

体内でビタミンB1を破壊するため、障害が出る

タコ


魚介類:

体内でビタミンB1を破壊する大量のチアミナーゼ(酵素)摂取は、障害が出る

※アサリ・ハマグリ・シジミ・エビ・カニ・コイ・マス・ニシンなど

魚介類


青背の魚:

猫はマグロ・カツオ・アジ等の青魚を過剰に摂取すると黄色脂肪症になる

青背の魚


レバー:

過剰に取るとビタミンAの過剰症になり、動けなくなる

レバー


ピーナッツ:

非常に消化が悪く、人間用は塩分も多い

ピーナッツ


清涼飲料水:

マグネシウム・キシリトール・ステビア・ミネラルが多すぎ有害

清涼飲料水


マグネシウム:

海苔や煮干しは食べ続けると結石になる可能性がある

マグネシウム


野菜類:

大量に摂取するとセルロースが消化できず胃腸障害を起こす

野菜類


アボカド:

含有物のペルシンは嘔吐や下痢、呼吸困難、全身性鬱血症を起こす

アボカド


ほうれん草:

含有するシュウ酸を大量に摂取すると結石や骨粗しょう症の原因になる

ほうれん草


植物:

ワラビ・ゼンマイ・観葉植物は嘔吐や下痢などを起こす

ゼンマイ


ペット火葬・ペット葬儀のアメリカンペットメモリアル
フリーダイヤル 0120-12-5757
お申込み・ご相談・ご質問はこちらまで


 弊社のペット火葬・葬儀の情報 

弊社のペット火葬・ペット葬儀における出張費無料サービス地域 

東京都の23区と都下部及び埼玉県の一部・千葉県の一部が出張可能地域です。 詳細は下記をご覧ください。

0120-12-5757