アメリカンペットメモリアル
個別ペット火葬専門

ペットのご遺体の安置方法をご紹介しています

アメリカンペットメモリアル


フリーダイヤル:0120-12-5757

24時間365日受付中


愛するペットが亡くなったら、おそばに置いていつまでも

ご自宅供養・お手元供養でペットを供養する


☆ご自宅供養・お手元供養の意味


手元供養(てもとくよう)とは、故人の「骨」を供養の対象としたものである。 自宅供養(じたくくよう)とも言う。 一般的な葬送の方法である寺院への納骨の代わりに、或いは納骨を行ったうえにさらに、遺骨(遺灰)を自宅等で保管し、慰霊の場を身近に置いて故人を偲ぶという概念。具体的には、遺骨をそのまま、或いは粉骨化して自宅に置く、お骨の一部をロケット型ペンダントに入れ身に着ける、遺骨(遺灰)を加工するの3種に大別される。

ペットの自宅供養

☆時代背景(内容は人間の場合ですがペットも同義です)


1.死生観、供養感の多様化 宗教的供養を望まない人が増え、従来の形式に替わる供養の方法が求められている。従来の墓地への埋葬のほか、散骨、樹木葬といった自然葬が社会的に容認されつつあり、故人の生きた証を残したいという要望が増えてきた。

2.社会的背景 少子高齢化・娘一人・単身者などの増加により、継承を前提とする「お墓制度」(江戸時代になって徳川家康による国民管理の一環としての「寺請け制度」に基づくもの) に対応できない家族が増えている。また、後継者に負担を掛けたくないといった気持ちや、不景気に伴う個人資産の減少、介護費用の負担などにより、平均250万円とも言われる葬儀費用の負担が大きいことも上げられる。又都市部での住宅事情により、仏壇を置かない家庭が増えており、手元供養は場所をとらないことから、支持されている側面もある。


3.精神的背景 残された遺族が、身近な人の死によって受ける精神的ダメージ(喪失感・罪悪感など)などから自発的に克服するきっかけとして手元供養・メモリアルジュエリーを選択することも増えてきている。 (出典:ウイキペデア)

最近は ペットロス も社会現象のひとつですがやはり、家族も同然のペットが亡くなれば誰しも起こりうることです。対処としてもご自宅供養・お手元供養は意味があると考えています。
ペット(動物)のご供養についての詳細はこちら



■弊社のペット火葬関連項目


■気になる情報


■弊社情報