フクロモモンガの日頃のケアについての情報 【アメリカンペットメモリアル】

通話無料:0120-12-575724時間365日受付中
個別火葬専門店

ホームペット何でも情報>フクロモモンガの日頃のケアについての情報

  

フクロモモンガの生態 愛するフクロモモンガが亡くなったらお問い合わせください
通話料無料:0120-12-5757
  アメリカンペットメモリアル


フクロモモンガの日頃のケアについての情報


☆フクロモモンガの日頃のケア


フクロモモンガは気温が低くても比較的大丈夫な動物ですが、あまりに寒さが厳しいときや、食料不足が続くときなどは、冬眠することもあります。でも、冬眠は体力を奪うのでなるべくさせない環境作りが必要です。

フクロモモンガの天敵は猫やフクロウや、ワライカワセミ、オオトカゲなどですがフェレットもイタチ科で猫と同じ祖先を持つ肉食獣ですので同じ環境下で飼育する場合は注意が必要です。フクロモモンガはおもに鳴き声でコミュニケーションを行います。そのため、さまざまな鳴き声を出します。

 恐怖を感じているときは「ジージー」と低い声で鳴きます。また、繁殖期には、子犬のように「キャンキャン」「アンアン」と甲高い声で鳴くことがあり、これは、オスがメスにラブコールするときのサイン。フクロモモンガは雑食で、季節によっても異なり、春や夏は昆虫をメインに、秋と冬は樹液をメインに食べるようです。


★飼育環境


フクロモモンガを飼うケージは横よりも縦に大きいものがいいです。
(縦も横も大きければなお良いです)


★適温


フクロモモンガの生息地はオーストラリアです。 四季はずれていますが、日本と気温が近い国出身ですので 馴らしていくことにより冷房・暖房を特別に入れる必要はなくなります。

最初は温度を18~28℃くらいに保ち、少しずつ適温幅を広げていって 温度によるストレスを受け難くしてあげるといいでしょう。


★食事


フクロモモンガは果物をメインに食事にしている動物です。 リスやハムスターのエサでは代用食にはならないです。 なるべく旬の果物を用意し、満足できる食事の献立を考えましょう。

果物の甘さにより食欲は日々変化しますので、甘くないものばかり与えていると 痩せてしまう可能性もあります。通常はフクロモモンガの食事は7~8割の果物・野菜類と2~3割のたんぱく質、と言われていますが、個体によっては果物・野菜類とたんぱく質の割合が5:5くらいの方が体調がいいことがあるそうです。


体調を見ながら、個体差があるのでフクロモモンガが欲している割合を見つけましょう。 エサとして与えるたんぱく質はミルワームを与えている方が多いようですが、豆腐などの植物性たんぱく質を代用品にすることも可能です。豆類はけっこう好まれる味ですので、試してみるといいらしいです。

果物に野菜、たんぱく質を与えてもフクロモモンガ毎日全部きれいに食べるとは言い切れませんので、 補わなければいけない栄養が出てきてしまうことがあります。 それを補うために栄養補助剤を検討しましょう。

フクロモモンガ専用のものを輸入販売しているお店もありますし、 Necton-RepやNecton-Loriといった爬虫類・鳥類用の栄養補助剤を代用することもできますので、 過剰に与えてはいけない脂溶性ビタミン(A,D,K)やカルシウムの含有量を確認しつつ、 栄養バランスをとるために使ってみると良いそうです。

(代用品よりも、できるならフクロモモンガ専用のものを入手しましょう)。


☆フクロモモンガの主な病気とその原因と症状


フクロモモンガの主な病気とその原因と症状についての情報の詳細はこちら


☆フクロモモンガについての情報


フクロモモンガについての情報はこちら


フクロモモンガが亡くなったらペット火葬しましょうね

☆エキゾチックアニマル動物病院情報

エキゾチックアニマル動物病院情報はこちら




ペット何でも情報へ戻る



 弊社のペット火葬・葬儀の情報 

弊社のペット火葬・ペット葬儀における出張費無料サービス地域 

東京都の23区と都下部及び埼玉県の一部・千葉県の一部が出張可能地域です。 詳細は下記をご覧ください。

0120-12-5757