東京ペット火葬,埼玉ペット火葬,千葉ペット火葬,自宅供養をおすすめする個別火葬専門店

愛するペットが亡くなったら慌てないでご連絡ください。
お問い合わせは 0120−12−5757 アメリカンペットメモリアル (ペットの安置方法)

シニア犬の 認知症をチェックしましょう


10歳以上の老犬で下記項目に1つでも当てはまれば、
認知症の可能性があります。


□ 夜中に突然単調な声で鳴きだし、止めても鳴き止まない。
□ 飼い主が認識できず、名前を呼ばれても無反応
□ とぼとぼ円を描くように歩く
□ 狭いところに入りたがり、自分で後退できない
□ よく食べて、よく寝るのに、下痢もせず痩せている

アルツハイマー認知症は、老化に伴うカルシウム不足が大きな原因の一つと言われています。
カルシウム不足が起こりやすくなる7歳以上のシニア犬には、良質なカルシウムを無理なく効率的に補給し、早めに認知症予防に努めましょう。

7歳以上のシニア犬を飼っていらっしゃる方へ

ドッグフードだけ食べさせればいいと思っていませんか?
栄養価の高い良質なドッグフードが増えたことで、毎日同じドッグフードと水を与えるだけの愛犬家が増えています。
しかし、どんなに良いものでも、毎日同じものを食べ続けることが体に悪いという点は、人間も犬も同じです。
極端な栄養の偏りは、年を取ってから様々な病気を引き起こす大きな原因となります。
大切な家族であるワンちゃんに、元気で長生きしてもらうためには、ドッグフードでは補えない栄養素を、しっかり補ってあげることが大切です。
7歳以上のシニア犬・老犬にとって、特に深刻な病気の発病に大きく関わるのが、
"カルシウム不足"です。※ 愛犬の健康を守る7歳以上のシニア犬向けサプリメントのご紹介

老犬の痴呆は予防することが重要です
【痴呆症を予防する方法】

適度な運動をさせましょう

◆ 日光浴も体内時計を調節するのに 有効で、散歩などの運動によっても、 質のよい眠りを誘うことで、体内時計が狂わないようにします。


十分なスキンシップをしましょう

◆ マッサージやボディ・ケアなど十分なスキンシップをとることで皮膚への刺激は脳の活性化にもつながり、 さらに飼い主様とふれあうことで気持ちが明るくなり、防止に役立ちます。


飼い主は積極的に声がけしましょう

◆自分のからだの変化に不安を感じる老犬も多くいますので、 名前を呼んだり、たくさん話しかけたりすることで不安を取り除いてあげられます。


友だち・子犬などとのふれあいが大切です

◆ 散歩仲間とのふれあいや、子犬と接することもおすすめです。 犬はもともと群れで生活する動物なので、 心身ともによい刺激となります。余裕があれば新しく子犬を飼うことも痴呆の予防にもつながります。


有用なサプリメントを与えましょう

◆DHA(ドコサヘキサエン酸)やEPA(エイコサペンタエン酸)は血液をサラサラにして動脈硬化を防いだり、 脳神経細胞を活性化させたりする働きがあり、判断力や集中力を高め、痴呆症の予防や改善につながるといわれています。


大切な家族の為に出来る事があります


犬の病気は「ペットフ−ド」が原因!?

ペットフ−ドの中身について ⇒ 詳しくはこちら

7歳以上のシニア犬を飼っている方へ

7歳以上のシニア犬を飼っている方へ ⇒ 詳しくはこちら

マンションにお住まいの愛犬家の方へ

マンションにお住まいの愛犬家の方へ ⇒ 詳しくはこちら

ホーム飼い犬の情報>シニア犬の 認知症をチェックしましょう

*お申し込みされる前に*

*気になる情報*

お星様になった
ペットちゃん達のお部屋

お気軽にお電話ください。星になったペットちゃん達

*ペット火葬・ペット葬儀の受付*


フリーダイヤルマーク

 東京・埼玉・千葉は
 フリーダイヤル  0120−12−5757


 その他の地域・IP電話からの お問合せ

Tel: 042-461-3319
FAX:042−461−5193

e-mail: kayoko_k1021@yahoo.co.jp

 ペット火葬・ペット葬儀、個別立会い専門
    アメリカンペットメモリアル
 所在地 〒202-0021
  東京都西東京市東伏見5-9-24
バナー
 弊社は自宅供養を奨励しています

*ご火葬・ご葬儀が可能なペットの種類*