ペット火葬後の納骨の際のお骨あげに料金はかかりません【アメリカンペットメモリアル】

通話無料:0120-12-575724時間365日ご依頼・ご相談受付中
アメリカンペットメモリアル個別火葬専門店

ホーム>お骨あげ

お骨上げ
愛するペットが亡くなったらご家族の手で納骨

骨あげはご家族様で心安らかに


収骨には竹ばしを用い


------お骨あげは無料です-----


■お骨あげの意味


お骨あげは三途の川を橋渡しするとのことで箸を用いて納骨しますが
飼い主様によっては、ご家族と想い出を語らい合いながら素手で納骨をされる場合もあります。

特に心が落ち込まれパニックになった方でもお骨上げをされますと落ち着かれるようです。きっと一種のけじめの様なお気持ちになられるのだと思います。


■ 人間界のお話・・・・・収骨と火葬の歴史


かっては、最も暗い丑(うし)三つ時に火を入れて火葬したあと、火力が現在よりもずっと弱かったために、収骨は翌朝になってから行なわれたようです。

収骨の際に、先に歯を拾う由来は、釈尊の荼毘の時に、先に歯を拾い阿闍世王に与えたことによるそうです。また日本での納骨の歴史も古く、高野山に納骨した記録は十二世紀に著された『兵範記』などに記されてます。


近代に至るまで、日本の葬送儀礼として火葬は決して主流ではなかったようです。
しかし遺骨がコンパクトにまとまり持ち運びが可能になる・土葬のように数年単位で墓地の面倒を見る必要がない・墓地の土地面積が節約できるなどのメリットが徐々に浸透し、徐々に火葬が普及していったようです。
火葬の普及に伴い、墓地とは無関係に、独立した火葬専門の施設が設置されることが多いようです。


東京では、他地域の公営火葬場主流に対して、東京博善(廣済堂グループ)という民間企業が大半の火葬を行っているそうです。

 最近はペット火葬と同じように直接、火葬場でお葬式をされる方やご自宅で葬儀される方も増えているようです。ご葬儀の考え方も時代ごとに年々変化しています。



動物の骨格についての情報


動物(ペット)の骨格についての詳細はこちらです


☆彡 上に戻る



 弊社のペット火葬・葬儀の情報 

弊社のペット火葬・ペット葬儀における出張費無料サービス地域 

東京都の23区と都下部及び埼玉県の一部・千葉県の一部が出張可能地域です。 詳細は下記をご覧ください。

相談無料