東京ペット火葬,埼玉ペット火葬,千葉ペット火葬,個別火葬専門店

愛する犬・猫が亡くなったら慌てないでご連絡ください。
お問い合わせは 0120−12−5757 アメリカンペットメモリアル (ペットの安置方法)

犬・猫の長生きの秘訣の話Y


長生きの秘訣について【犬・猫】Y

日頃から飼い主が迅速にその変化を観察し、対応する必要があります。ここでは愛するペットの犬・猫の長生きの秘訣についての情報を(長生きの秘訣について【犬・猫】)に続きましてまとめてみました。

------【犬・猫】を飼っている方はご存知ですか?------

犬には汗腺がなく呼吸だけで温度調節をしなければなりません。イヌにとっては相当な負担になり、持ちこたえられずに早死してしますケースも少なくありません。こうしたことを防ぐためにも夏場は風通しも良い涼しい環境を作ってあげましょう。

室内犬や猫のようにいつも部屋の中を、飛び回っているなら問題ありませんが、外につないで飼っている犬は定期的な散歩が必要です。特に単なる散歩だけでなく、心臓を100パーセント活動させる"走り込み"をさせることが必要です。

特に猫は涼しい場所がよくわかっていますから、車の下の日陰で昼寝をしていることが多いのです。これに気づかず車を発進してしまい、交通事故になってしまいます。後悔しないためにも発進前に必ず周囲を点検する、習慣をつけておくようにしたいものです。

ペットも人間と同じで車酔いする子としない子がいます。ただ窓を全開で走ることは非常に危険です。対向車や電柱に頭をぶつける危険性があるばかりか、呼吸困難に陥る場合もありますので窓を開けるにしても、ペットが頭を出せない程度にとどめておくことです。

犬は首輪からリードを付け入るとキュっと引っ張った時に首を痛めてしまいます。どうしても首輪をつけなければならないときは、イヌの成長に合わせて交換することを忘れないようにしてください。

ペットが目前で車にはねられるれてしまったときの応急処置として第一に止血を施すこと。そして獣医の元に急いで連れていくことです。 交通事故を防ぐには散歩のとき、くれぐれもリードを離さないように注意すること。

あまり知られていませんが大型犬は胃捻転を起こしやすいです。犬などの胃は人間のように腹の中で固定されていません。そのため激しい運動をすると胃がクルクルと回転してしまうのです。 これを防ぐには食事直後に激しい運動をさせないことです。

スプレーの霧などが原因でくしゃみをしたり結膜炎を起こす原因になります。人間が良いと感じる匂いをペットも喜ぶと早合点するのは人間の勝手な思い込みに過ぎない。結膜炎の症状は結膜にあるまぶたの裏側に痛みや痒みが出てしまう症状です。 注意してほしいのは、洋服を着せたいときは後ろ脚まで、すっぽりつつむような洋服を着せないことです。それでは関節の病気の原因になります。

特に外につないで飼っている犬は、寒さを防ぐ為に動きまわれないので、寒くても我慢するしかないときにはそれがストレスになり、早死させる原因になります。

ペットを家のなかで飼っている場合、冷暖房が良くないのではという心配があります。必要以上に冷やしたり、暑くしなければそれほど問題はありません。ただ注意しなければならないのは一日の温度差です。急激に温度が変わると体温調整機能がついていけず、早死の原因になります。

室内で飼う場合、留守中の昼間もペットのためにクーラーをつけっぱなしにしておく事です。ペットを早死させたくなかったらそのくらいのことはしなければならないでしょう。温度管理と食事やトイレの管理は十分にしておくことが必要です。

犬は階段が苦手です。階段を降りるのが苦手なのは元々、骨格の構造がそのようになっていない為です。仮に器用に昇り降りする犬がいても、それはイヌの健康にとっては決して良いことではないです。

多くても一週間に一度くらいにとどめておいた方が無難です。

床擦れというのは人間に限ったことではなくペットでも起こります。これを防ぐにはやわらかい敷物を敷いてあげることです。足の力が弱くなったり、椎間板ヘルニア等の疾患がある場合、寝たきりになることも。 老犬の場合、短時間で床ずれ(褥瘡)の症状がでることが多いので、寝たきりになった場合は、常に皮膚を注意深く観察し、予防と、早期発見に努めることが大切です。

ピョンピョン跳ねることをしなくなったり、高いところへ飛び上がったりしなくなったら肥満の兆候です。飼い主にとっては太ってもかわいい存在なのでしょうが肥満ペットは大げさに言えば死刑宣告を受けたようなものです。早めに手をうつことです。

ペットは頻繁に尿意を訴えたときは腎臓不全のほか膀胱炎の恐れが考えられます。腎臓不全の【症状】は急性では尿量の急激な減少、慢性では多飲多尿 などです。膀胱炎の症状はトイレの回数が増えるが尿の量は少ないなどです。

飼い主には潤んで見えても目ヤニでガサガサという場合が多いのです。犬の目ヤニは病気のサインとなることがあります。目やにの色によって原因や要注意度がわかるのです。目やにが急激に増えた時は動物病院で、検診してもらいましょう。

これは中耳炎、それが高じている場合には内耳炎、ほうっておくと命取りになります。 病気だと耳が臭いますからすぐにわかります。一見かわいい仕草にも恐ろし病気が隠されていることがよくあるのです。犬の中耳炎とは、耳の奥にある中耳(ちゅうじ)と呼ばれる部位に炎症が発生した状態のことです。

ペットによだれや口臭はつきものとあきらめているようですが歯肉炎や口内炎のシグナルになっていることがあります。歯周病とは、歯の表面などで細菌が毒素を産生し、歯茎や骨に炎症が起こった状態を言います。口内炎の症状は」口の中に赤い発疹、強い口臭、口をクチャクチャさせるなど です。

☆ミ 上に戻る

☆ミ 犬・猫の長生きの秘訣の話Wに続く
      つづく---矢印

☆ミ 愛するペットの話に戻る

24.犬・猫の長生きの秘訣の話  


25.犬・猫の長生きの秘訣の話U  


26.犬・猫の長生きの秘訣の話V  


27.犬・猫の長生きの秘訣の話W  


28.犬・猫の長生きの秘訣の話X  


29.犬・猫の長生きの秘訣の話Y  



ペット火葬・ペット葬儀の疑問におこたえします


アメリカンペットメモリアルの5つ特徴
*弊社の特徴*
ご遺体の安置方法
*ご遺体安置*
移動火葬者ってどんなもの?
*移動ペット火葬車*
レンタルの棺とは
*アメリカ棺*
返骨とは
*返骨*

弊社のペット火葬・ペット葬儀における無料サービス


個別立会無料
*個別立会無料*
送迎無料
*送迎無料*
保冷剤無料貸出
*保冷剤無料貸出*
骨上げ無料
*骨上げ無料*

弊社のペット火葬・ペット葬儀における有料サービス (オプション)


アメリカンペットメモリアルの無料サービス
*粉骨*
長期保存袋
*長期保存袋*
アメリカ製お棺;レンタル商品
*レンタル*

☆ミ ホームに戻る

ホーム愛するペットの話>長生きの秘訣の話【犬・猫】Y

- キーワードで検索できます -

  •   アメリカンペットメモリアルサイト検索  
お気に入りに追加してください  

*お申し込みされる前に*

*気になる情報*

お星様になった
ペットちゃん達のお部屋

お気軽にお電話ください。星になったペットちゃん達

*ペット火葬・ペット葬儀の受付*


フリーダイヤルマーク

 東京・埼玉・千葉は
 フリーダイヤル  0120−12−5757


 その他の地域・IP電話からの お問合せ

Tel: 042-461-3319
FAX:042−461−5193

e-mail: kayoko_k1021@yahoo.co.jp

 ペット火葬・ペット葬儀、個別立会い専門
    アメリカンペットメモリアル
 所在地 〒202-0021
  東京都西東京市東伏見5-9-24
バナー
 弊社は自宅供養を奨励しています

*ご火葬・ご葬儀が可能なペットの種類*