長生きの秘訣の話【犬・猫】Ⅴ【ペット火葬のアメリカンペットメモリアル】

通話無料:0120-12-575724時間365日ご依頼・ご相談受付中
アメリカンペットメモリアル個別火葬専門店

ホームペット関連情報まとめ集の情報愛するペットの話>長生きの秘訣の話【犬・猫】Ⅴ

愛するペットが亡くなったら時の お問い合わせ アメリカンペットメモリアル

ペット火葬東京,ペット火葬埼玉,ペット火葬千葉,自宅供養をおすすめする個別火葬専門店

フリーダイヤル 0120-12-5757
お申込み・ご相談・ご質問はこちらまで
 (ペットの安置方法)

犬・猫の長生きの秘訣の話Ⅴ


長生きの秘訣について【犬・猫】Ⅴ

日頃から飼い主が迅速にその変化を観察し、対応する必要があります。ここでは愛するペットの犬・猫の長生きの秘訣についての情報を(長生きの秘訣について【犬・猫】)に続きましてまとめてみました。

------【犬・猫】を飼っている方はご存知ですか?------

猫がストレスを感じているサインかもしれません。猫は元々群れをつくらない動物です。全ての関係に驚くほどデリケートでナーバスな面があります。できる範囲でペットが住みやすい環境作りをしていくことがペットをストレスから守るコツです。

それは椎間板ヘルニアです。かかりやすいペットの代表がダックスフントでそれ以外の犬がかかることもありますが猫にはほとんどみられません。ダックスフントにこの病気が多いのはその胴長短足の体型が災いしています。この病気になるとアスファルトを歩くたびに爪の音がカツカツと左右不規則に聞こえるようになります。【症状】痛みや神経麻痺による運動失調。排便・排尿困難など。

ペットにはさまざまな感染病がありそれぞれの感染病によって投与するワクチンも当然ちがってくるのです。現代では感染病をまとめて予防できる優秀なワクチンがあります。年一回の狂犬病のワクチン投与の時、もう一本余分打ってもらうだけでペットを感染病から守ることができます。

最近では人間でも年一回健康診断をおこなっているはずです。かかりつけの獣医をもつことをおすすめします。「うちの子に限って」という甘い気持ちが人間と同じようにあなたのペットをすでに病気に落としいれてるかもしれません。 毎日のチェックが必要です。

湯冷めしないようにと丁寧に乾かしているとあなたのその"過保護"がペットを殺すことになります。ドライヤーの熱風を充てると急激に体温があがりますから熱風によって脱水症状を引き起こし、熱射病にかかったときと同じ状態になる。ベストは天気の良い日を選んでシャンプーしタオルできれいに拭き、後は日に当て自然乾燥させるようにします。

トイレのしつけは早ければ早いほど覚えてくれます。ペットが便意を催している様子をみせたらトイレに連れて行ってさせませす。べつの場所で粗相してしまったら叱ります。これを繰り返し教えればトイレ以外の場所ですることはありません。

アメリカでは散歩の途中にペットが喜んで人に飛びついたりすると「あの飼い主は躾が出来ていない」と言われます。ペットが人間を自分の仲間だと考えているからです。 ペットを叱るときはその場で ペットを叱るときの最大のポイントはその場で。その場で叱らないと効果はないのです。 禁止の言葉は家族で一つにすることです。

スプレーの霧などが原因でくしゃみをしたり結膜炎を起こす原因になります。人間が良いと感じる匂いをペットも喜ぶと早合点するのは人間の勝手な思い込みに過ぎない。結膜炎の症状は結膜にあるまぶたの裏側に痛みや痒みが出てしまう症状です。 注意してほしいのは、洋服を着せたいときは後ろ脚まで、すっぽりつつむような洋服を着せないことです。それでは関節の病気の原因になります。

特に外につないで飼っている犬は、寒さを防ぐ為に動きまわれないので、寒くても我慢するしかないときにはそれがストレスになり、早死させる原因になります。

ペットを家のなかで飼っている場合、冷暖房が良くないのではという心配があります。必要以上に冷やしたり、暑くしなければそれほど問題はありません。ただ注意しなければならないのは一日の温度差です。急激に温度が変わると体温調整機能がついていけず、早死の原因になります。

室内で飼う場合、留守中の昼間もペットのためにクーラーをつけっぱなしにしておく事です。ペットを早死させたくなかったらそのくらいのことはしなければならないでしょう。温度管理と食事やトイレの管理は十分にしておくことが必要です。

犬は階段が苦手です。階段を降りるのが苦手なのは元々、骨格の構造がそのようになっていない為です。仮に器用に昇り降りする犬がいても、それはイヌの健康にとっては決して良いことではないです。

多くても一週間に一度くらいにとどめておいた方が無難です。

床擦れというのは人間に限ったことではなくペットでも起こります。これを防ぐにはやわらかい敷物を敷いてあげることです。足の力が弱くなったり、椎間板ヘルニア等の疾患がある場合、寝たきりになることも。 老犬の場合、短時間で床ずれ(褥瘡)の症状がでることが多いので、寝たきりになった場合は、常に皮膚を注意深く観察し、予防と、早期発見に努めることが大切です。

ピョンピョン跳ねることをしなくなったり、高いところへ飛び上がったりしなくなったら肥満の兆候です。飼い主にとっては太ってもかわいい存在なのでしょうが肥満ペットは大げさに言えば死刑宣告を受けたようなものです。早めに手をうつことです。

ペットは頻繁に尿意を訴えたときは腎臓不全のほか膀胱炎の恐れが考えられます。腎臓不全の【症状】は急性では尿量の急激な減少、慢性では多飲多尿 などです。膀胱炎の症状はトイレの回数が増えるが尿の量は少ないなどです。

飼い主には潤んで見えても目ヤニでガサガサという場合が多いのです。犬の目ヤニは病気のサインとなることがあります。目やにの色によって原因や要注意度がわかるのです。目やにが急激に増えた時は動物病院で、検診してもらいましょう。

これは中耳炎、それが高じている場合には内耳炎、ほうっておくと命取りになります。 病気だと耳が臭いますからすぐにわかります。一見かわいい仕草にも恐ろし病気が隠されていることがよくあるのです。犬の中耳炎とは、耳の奥にある中耳(ちゅうじ)と呼ばれる部位に炎症が発生した状態のことです。

ペットによだれや口臭はつきものとあきらめているようですが歯肉炎や口内炎のシグナルになっていることがあります。歯周病とは、歯の表面などで細菌が毒素を産生し、歯茎や骨に炎症が起こった状態を言います。口内炎の症状は」口の中に赤い発疹、強い口臭、口をクチャクチャさせるなど です。

☆ミ 犬・猫の長生きの秘訣の話Ⅳに続く

      つづく---矢印

☆ミ 愛するペットの話に戻る


24.犬・猫の長生きの秘訣の話  


25.犬・猫の長生きの秘訣の話Ⅱ  


26.犬・猫の長生きの秘訣の話Ⅲ  


27.犬・猫の長生きの秘訣の話Ⅳ  


28.犬・猫の長生きの秘訣の話Ⅴ  


29.犬・猫の長生きの秘訣の話Ⅵ  



0120-12-5757

弊社のペット火葬プラン 



個別立会火葬 個別立会ペット火葬の流れのご説明


個別火葬+ご返骨 ご自宅にお伺いし、個別火葬いたします。


個別一任火葬 個別一任ペット火葬の流れのご説明


個別火葬+ご返骨 ご自宅にお伺いし、個別火葬いたします。
終了後はスタッフが拾骨を済ませ、骨壷に納めご返骨いたします。


散骨コース ご返骨を望まない方のために個別火葬+合同散骨サービスの流れのご説明


個別火葬+散骨 ご自宅にお伺いし、ご遺体をお預かりし個別火葬いたします。


弊社のペット火葬・ペット葬儀にかかる料金について 

ペット火葬料金は訪問・店頭すべて同額で税金込みの骨壷代込みの価格です。 詳細は下記をご覧ください。

●出張訪問・送迎ペット火葬から、ご葬儀プランなどを お客様にご提案しておりますので お気軽にご相談してください。

お別れ式 ペット火葬・お別れ式の流れのご案内詳細はこちら

●大切なご家族の葬儀・火葬を安心価格でご提供しております。

ペット火葬料金ペット火葬料金の詳細はこちらをご覧下さい。


●移動火葬車では25kgまで対応いたします。※25kg以上のペット火葬は不可です
移動火葬車 移動火葬車の詳細はこちら

ペット火葬・ペット葬儀のアメリカンペットメモリアル
フリーダイヤル 0120-12-5757
お申込み・ご相談・ご質問はこちらまで

 弊社のペット火葬・葬儀の情報 

弊社のペット火葬・ペット葬儀における出張費無料サービス地域 

東京都の23区と都下部及び埼玉県の一部・千葉県の一部が出張可能地域です。 詳細は下記をご覧ください。