長生きの秘訣の話【犬・猫】Ⅳ【ペット火葬のアメリカンペットメモリアル】

通話無料:0120-12-575724時間365日ご依頼・ご相談受付中
アメリカンペットメモリアル個別火葬専門店

ホームペット関連情報まとめ集の情報愛するペットの話>長生きの秘訣の話【犬・猫】Ⅲ

愛するペットが亡くなったら時の お問い合わせ アメリカンペットメモリアル

ペット火葬東京,ペット火葬埼玉,ペット火葬千葉,自宅供養をおすすめする個別火葬専門店

フリーダイヤル 0120-12-5757
お申込み・ご相談・ご質問はこちらまで
 (ペットの安置方法)

犬・猫の長生きの秘訣の話Ⅳ


長生きの秘訣について【犬・猫】Ⅳ

日頃から飼い主が迅速にその変化を観察し、対応する必要があります。ここでは愛するペットの犬・猫の長生きの秘訣についての情報を(長生きの秘訣について【犬・猫】)に続きましてまとめてみました。

------【犬・猫】を飼っている方はご存知ですか?------

気管支炎の恐れがあります。単純な気管支炎から呼吸が荒くなることもあり、放置しておくと肺炎になります。まずは獣医に手当を受けることをお勧めします。

猫がゼーゼー咳き込んで苦しそうにしていたら「風邪でもひいたのだろうか」と軽く見過ごさないで喘息かどうかよく確認してみる必要があります。猫の場合は喘息にかかっている可能性があります。 ただし、犬にはほとんどみられません。

歩いて壁にぶつかる犬 ・猫は白内障か緑内障と断定して間違いありません。 日ごろのペットの行動に十分注意してあげることが大切です。

緑内障にかかっている可能性があります。緑内障にかかった眼球は眼圧のせいで全体に大きくなるのですが、黒目は膨張しないので白目だけ大きくなったように感じるからです。

足が痛いのかヨロヨロとガニまたで歩いたり、かかとをベタッとつけてベタベタ歩いたり、比較的珍しいですが、リウマチにかかっている場合があります。奇妙な歩き方をし始めてそれが続くようなら獣医にみせたほうが良いです。

ご存じない方も多いと思いますが、狂犬病は犬・猫共通の感染病です。恐ろしいのは人畜共通感染病です。日本のような島国では狂犬病の予防がやりやすいので、現在では発症ゼロですが 外国からのペットの輸入が盛んな昨今、年に一度は定期健診もかねて狂犬病ワクチン投与をして欲しいものです。

犬にとってフィラリアはウィルス感染ではなく、寄生虫によっておこる病気なのでワクチンでは予防出来ません。フィラリア予防は蚊が媒介するので日本の場合、蚊のいる期間月に一回飲み薬を飲ませます。そうすれば蚊取り線香をたく必要もありません。

犬・猫の排泄物は体調の変化をダイレクトに伝えてくれる大切なシグナルです。 問題は何をどうチェックするかですが、尿は回数と量と色。回数や量がふえているのは糖尿病、腎臓病、膀胱炎など。色が褐色のばあいは血尿の恐れがあります。便のばあいは量と形状です。

ペットは肌の艶ではなく毛の艶で体調の変化を見抜くことが出来ます。食事の変化、環境の変化、運動不足によるストレスなどで艶が失われることがあります。体毛はペットとの健康管理をするうえで欠かせないチェックポイントのひとつです。

あなたのペットは酷くはないにしても、頻繁に下痢をすることはないでしょうか。"たかが下痢"と甘く考えていると、そのうち栄養失調にさせてしまったり、胃腸炎や大腸炎を悪化させ早死させることになります。

ペットは自分の体調不良を言葉で伝えることが出来ないので食欲不振という形で飼い主に訴えようとします。ペットが可愛いなら「そのうち食べてくれるだろう」と楽観はくれぐれもしないということです。検診を受ける事も検討しましょう。

人間なら血の気が引くのですぐわかりますが、ペットは顔色には表れません。そこで、歯茎を見ます。歯茎が白色ならまず貧血です。ペットとジャレながらできる健康診断です。

外でつないで飼っている場合は食事や環境に気を付けてあげてください。 飼い主の健康管理しだいで夏バテを防いであげることが出来ます。夏バテは主に食欲減退と水分不足として現れます。単なる夏バテではなく、脱水など深刻な状況も考えられます。

こういう場合、高血圧で体が不調になっていることがあります。症状が進むとほとんど動かなくなったり、眼底出血で目が見えなくなったりします。犬と猫の高血圧は無症候性の性質がもつことから全身性疾患の中で最も過少診断されているので注意が必要です。

ピョンピョン跳ねることをしなくなったり、高いところへ飛び上がったりしなくなったら肥満の兆候です。飼い主にとっては太ってもかわいい存在なのでしょうが肥満ペットは大げさに言えば死刑宣告を受けたようなものです。早めに手をうつことです。

ペットは頻繁に尿意を訴えたときは腎臓不全のほか膀胱炎の恐れが考えられます。腎臓不全の【症状】は急性では尿量の急激な減少、慢性では多飲多尿 などです。膀胱炎の症状はトイレの回数が増えるが尿の量は少ないなどです。

飼い主には潤んで見えても目ヤニでガサガサという場合が多いのです。犬の目ヤニは病気のサインとなることがあります。目やにの色によって原因や要注意度がわかるのです。目やにが急激に増えた時は動物病院で、検診してもらいましょう。

これは中耳炎、それが高じている場合には内耳炎、ほうっておくと命取りになります。 病気だと耳が臭いますからすぐにわかります。一見かわいい仕草にも恐ろし病気が隠されていることがよくあるのです。犬の中耳炎とは、耳の奥にある中耳(ちゅうじ)と呼ばれる部位に炎症が発生した状態のことです。

ペットによだれや口臭はつきものとあきらめているようですが歯肉炎や口内炎のシグナルになっていることがあります。歯周病とは、歯の表面などで細菌が毒素を産生し、歯茎や骨に炎症が起こった状態を言います。口内炎の症状は」口の中に赤い発疹、強い口臭、口をクチャクチャさせるなど です。

☆ミ 犬・猫の長生きの秘訣の話Ⅳに続く

      つづく---矢印

☆ミ 愛するペットの話に戻る


24.犬・猫の長生きの秘訣の話  


25.犬・猫の長生きの秘訣の話Ⅱ  


26.犬・猫の長生きの秘訣の話Ⅲ  


27.犬・猫の長生きの秘訣の話Ⅳ  


28.犬・猫の長生きの秘訣の話Ⅴ  


29.犬・猫の長生きの秘訣の話Ⅵ  



0120-12-5757

弊社のペット火葬プラン 



個別立会火葬 個別立会ペット火葬の流れのご説明


個別火葬+ご返骨 ご自宅にお伺いし、個別火葬いたします。


個別一任火葬 個別一任ペット火葬の流れのご説明


個別火葬+ご返骨 ご自宅にお伺いし、個別火葬いたします。
終了後はスタッフが拾骨を済ませ、骨壷に納めご返骨いたします。


散骨コース ご返骨を望まない方のために個別火葬+合同散骨サービスの流れのご説明


個別火葬+散骨 ご自宅にお伺いし、ご遺体をお預かりし個別火葬いたします。


弊社のペット火葬・ペット葬儀にかかる料金について 

ペット火葬料金は訪問・店頭すべて同額で税金込みの骨壷代込みの価格です。 詳細は下記をご覧ください。

●出張訪問・送迎ペット火葬から、ご葬儀プランなどを お客様にご提案しておりますので お気軽にご相談してください。

お別れ式 ペット火葬・お別れ式の流れのご案内詳細はこちら

●大切なご家族の葬儀・火葬を安心価格でご提供しております。

ペット火葬料金ペット火葬料金の詳細はこちらをご覧下さい。


●移動火葬車では25kgまで対応いたします。※25kg以上のペット火葬は不可です
移動火葬車 移動火葬車の詳細はこちら

ペット火葬・ペット葬儀のアメリカンペットメモリアル
フリーダイヤル 0120-12-5757
お申込み・ご相談・ご質問はこちらまで

 弊社のペット火葬・葬儀の情報 

弊社のペット火葬・ペット葬儀における出張費無料サービス地域 

東京都の23区と都下部及び埼玉県の一部・千葉県の一部が出張可能地域です。 詳細は下記をご覧ください。