東京ペット火葬,埼玉ペット火葬,千葉ペット火葬,個別火葬専門店

愛する犬・猫が亡くなったら慌てないでご連絡ください。
お問い合わせは 0120−12−5757 アメリカンペットメモリアル (ペットの安置方法)

犬・猫の長生きの秘訣の話U


長生きの秘訣について【犬・猫】U

日頃から飼い主が迅速にその変化を観察し、対応する必要があります。ここでは愛するペットの犬・猫の長生きの秘訣についての情報を(長生きの秘訣について【犬・猫】)に続きましてまとめてみました。

------【犬・猫】を飼っている方はご存知ですか?------

ペット用ミルクより人間用の方が質が良いと思うのは危険です。 人間用の粉ミルクとペット用の粉ミルクとは成分が違います。カロリーが違い人間用でははカルシウムや鉄分など子犬・子猫の成長に必要な栄養素が含まれていません。 また成分が会わないとペットが下痢や脱水症状を起こして死ぬ事もあります。ですからペット専用のものを使ってください。 初乳が大事なのは人間も犬・猫も一緒です。

妊婦は小魚や牛乳を沢山取らないとカルシウム不足で歯や骨が脆くなりますが、犬・猫も同じく妊娠出産期にカルシウムが必要です。カルシウム補給は成長段階によって種類分けされている、メーカーのペットフードを与えるのが良いでしょう。食事の与え方でペットの寿命は大きく変わります。

犬・猫が生後10か月になったら毎日おなじペットフードがベスト。ペットのために考えられた総合栄養食であるペットフードがお勧めで、下痢や嘔吐毛質の変化といった異常がなければそのペットフードで通すことがペットを元気で長生きさせる最大のポイントです。ペットの食事で気をつけて欲しいのが、過剰な塩分、脂肪分を与えないこと。 人間でさえ塩分の摂りすぎが生活習慣病の原因になっています。

毎日どれくらいの量食事を与えるかはペットを早死させないためにはとても重要です。 一度は獣医に相談して適量を割り出してもらうことをお勧めです。

人間の場合は病後は消化の良いものを食べます。ペットも同じで病み上がりに突然、普段の食事に戻したり、いつも以上にご馳走を与えてはいけません。

小さいときから習慣づけておけば少しも嫌がらないものです。 成犬、成猫になってしまったら顎をしっかり押さえて歯磨き粉を付けずにブラッシング。習慣化するように月に一度はおこなって欲しいものです。

犬や猫の爪には血管が通っています。爪を伸ばしたままにしていると、爪の先の方まで伸びてくるという特徴があります。常に爪を短めに切るようにしておくと、血管は長くならずに手入れが楽になります。

ブラッシングによって血行が良くなりノミやダニを退治して体を清潔に保つことができます。ときに皮膚ガンが出来ることがありますがブラッシングにより発見しやすくなります。

犬・猫の嘔吐は下痢と同じくらい、敏感にチェックしてほしい体調変化のひとつです。ペットの嘔吐物が、土に吸い込まれてわからなくなってしまわないよう、時々はコンクリート等の嘔吐物がわかる場所におくようにしましょう。

犬・猫の便秘は人間同様、肥満、食欲不振などの原因となり、そのまま放っておくと栄養不足におちいるだけでなく、精神的ストレスになります。たかが便秘とあなどると、取り返しのつかないことになりかねません。

犬・猫の肥満は自慢の種になりません。肥満は万病の元で、特に糖尿病で早死させる原因となります。

朝起きぬけなどに何もしていないのに、咳き込む犬・猫は心臓病にかかっている可能性があります。

甘やかさずお風呂にいれペットにさわってやることがそのまま触診にも通じるものです。

ペットは季節の変わり目に一時的に食欲が減退することがあります。今年の夏は去年に比べて食欲がないというような小さな変化は、病気のサインであることが多いのです。 食事量の目安を把握しておくことをお勧めします。

肝臓病になったとき良くわかる症状が黄疸ですが、ペットは皮膚が露出していないので良くわかりません。黄疸が出る前に動作が鈍くなる、散歩を嫌がるという予兆があります。

避妊手術を施しておくのは、1つには引き取り手のない子供を産ませるのを、防ぐ意味もありますが、子宮内膜炎や子宮蓄膿症などの病気にかからずにすむからです。

腎臓機能が悪くなってくると水ばかりよく飲み、良くオシッコをする傾向があります。 ほおっておくと恐ろしい病気、腎機能不全になる可能性があります。

アトピー性皮膚炎がペットのあいだでも最近急増しています。かゆいのはノミやダニのしわざだろうとノミ取り首輪をつけて安心してはいけません。 アトピー性皮膚炎にかかれば毛が抜け目の周りや全身の皮膚が赤くなるのでそれで判別できます。

ペットの体が清潔にたもたれているのはなめることで入浴と同じ効果になっているからですが、たまに必要以上に神経質になめていることがあります。これは皮膚病かもしれません。飼い主に気づかれないまま必死で皮膚病を治そうとしているのかもしれません。

☆ミ 上に戻る

☆ミ 犬・猫の長生きの秘訣の話Vに続く
      つづく---矢印

☆ミ 愛するペットの話に戻る

24.犬・猫の長生きの秘訣の話  


25.犬・猫の長生きの秘訣の話U  


26.犬・猫の長生きの秘訣の話V  


27.犬・猫の長生きの秘訣の話W  


28.犬・猫の長生きの秘訣の話X  


29.犬・猫の長生きの秘訣の話Y  



ペット火葬・ペット葬儀の疑問におこたえします


アメリカンペットメモリアルの5つ特徴
*弊社の特徴*
ご遺体の安置方法
*ご遺体安置*
移動火葬者ってどんなもの?
*移動ペット火葬車*
レンタルの棺とは
*アメリカ棺*
返骨とは
*返骨*

弊社のペット火葬・ペット葬儀における無料サービス


個別立会無料
*個別立会無料*
送迎無料
*送迎無料*
保冷剤無料貸出
*保冷剤無料貸出*
骨上げ無料
*骨上げ無料*

弊社のペット火葬・ペット葬儀における有料サービス (オプション)


アメリカンペットメモリアルの無料サービス
*粉骨*
長期保存袋
*長期保存袋*
アメリカ製お棺;レンタル商品
*レンタル*

☆ミ ホームに戻る

ホーム愛するペットの話>長生きの秘訣の話【犬・猫】U

- キーワードで検索できます -

  •   アメリカンペットメモリアルサイト検索  
お気に入りに追加してください  

*お申し込みされる前に*

*気になる情報*

お星様になった
ペットちゃん達のお部屋

お気軽にお電話ください。星になったペットちゃん達

*ペット火葬・ペット葬儀の受付*


フリーダイヤルマーク

 東京・埼玉・千葉は
 フリーダイヤル  0120−12−5757


 その他の地域・IP電話からの お問合せ

Tel: 042-461-3319
FAX:042−461−5193

e-mail: kayoko_k1021@yahoo.co.jp

 ペット火葬・ペット葬儀、個別立会い専門
    アメリカンペットメモリアル
 所在地 〒202-0021
  東京都西東京市東伏見5-9-24
バナー
 弊社は自宅供養を奨励しています

*ご火葬・ご葬儀が可能なペットの種類*