猫の生態の話【ペット火葬のアメリカンペットメモリアル】

通話無料:0120-12-575724時間365日ご依頼・ご相談受付中
アメリカンペットメモリアル個別火葬専門店

ホームペット関連情報まとめ集の情報愛するペットの話>猫の生態の話

愛するペットが亡くなったら時の お問い合わせ アメリカンペットメモリアル

ペット火葬東京,ペット火葬埼玉,ペット火葬千葉,自宅供養をおすすめする個別火葬専門店

フリーダイヤル 0120-12-5757
お申込み・ご相談・ご質問はこちらまで
 (ペットの安置方法)

猫の生態の話

猫の基本的な生態について

猫の生態は、犬のように命令に従ったりしませんが気が向くと、ゴロゴロのどを鳴らして人間に擦り寄るので、猫は我侭というのが一般論ですね。我が家の飼い猫はオス猫で、まるで人間の幼児の振る舞いです。しかも、人間の言葉や行動を理解している様な素振りがありますね。自分の要求が通るまで鳴いたり人の邪魔をします。淋しいと足にまとわりついたりして甘えます。でも、面倒臭い時は人を無視します。よくメス猫は母性本能が出た時点でオス猫とも違う性格になるとお聞きします。

猫は自分の行動圏を確保し、エサを自分で探す単独生活者としての本能があります。本来、命令に従うという習性がないのです。猫には単独生活者としての行動様式がありますから自分の居場所やテリトリーに固執し、人間に可愛がられても、主従関係は結べません。人の命令に従ったり、追従することはほとんどないのが普通です。だから人間に我侭にうつる猫の性格は、猫本来の特性です。ですから猫の生態を尊重し信頼関係を築いて暮らすのが、愛する猫を飼う喜びの本質ではないでしょうか。

寝てばかりいる猫は、「寝る子」が転じた言葉の説さえありますが猫は肉食動物が生態です。猫は本来はハンティングをして獲物をとらえ、食後はひたすらグーグー眠り、空腹時までは狩りをしません。でも、狩りで消費するエネルギーに比べれば、家猫はペットフードがありますが、狭い家の中を駆け回ったりしても消費エネルギーは少ないです。だからこそ、飼い猫は、肥満と成人病などの病気に注意する必要があります 。

猫の脳の構造は、基本的には人間の脳と同じだそうです。

猫は同じ失敗を繰り返したり、何度でも同じような事で怒られても知らんふりを決め込みますが、これは猫の脳が劣っている訳ではなく生るために必要な事柄ではないからです。我が家の飼い猫もテーブルの上に登るので良く怒られますが、人間のルールは理解出来ないですね。

猫は他の動物に比べて、非常に匂いの少ない、清潔な動物です。猫の狩りの方法は待ち伏せスタイルだから、猫は丹念に身づくろい(セルフ・グルーミング)をして匂いをとり、無臭で獲物を待ち伏せします。ですから自分の居場所やテリトリーに固執するのです。

猫のトイレの仕方は、母猫から生後100日ほどの間に数えられる学習の一つです。猫自身にはほとんど体臭がありません。室内が猫くさい場合は、飼い主のトイレの処理が不完全ですのでトイレ管理を清潔に保ち、虚勢や避妊などの対策をすればにおいの悩みは解消します。ただし、それでも匂う場合は、病気の可能性がありますので早急に診断して下さい。

猫と遊んだり怒らせたりして、深い裂き傷を腕や顔につけられることがあります。また、肩に飛び乗られ、傷が出来ることもあります。

しかし本来、猫が本気で人を傷つけるのは、進退きわまって危険を察知したとき以外には、ほとんど有り得ません。 親離れが早すぎたり、情緒が不安定な子猫は、いつまでたっても爪をサヤにしまえない為に、人を傷つけてしまう猫に育ちます。また、爪とぎ行動は狩の本能の為に爪を尖らせている行動です。鋭利なつめの伸び過ぎで人や物・動物も傷つけてしまう場合もありますので飼い主は猫のツメの管理が必要です。気分の良い時の猫は爪を立てません。犬とは違い猫は用途によって爪を出し入れ出来る動物です。

猫が甘えて、頭やわき腹を摺り寄せてくる行動は、マーキングの一種で、仲間としてグループの一員と認めてくれている様です。また、猫がしっぽをピンと立てている時は猫の機嫌が良い場合で猫は親しい仲間とし、飼い主に信頼の情を示しています。

我が家の猫は、匂いに敏感な割りに人が履いていた靴下の匂いが好きなのか、いつも足元でじゃれたり、時には足を枕に寝てしまいます。人が臭いという思う感覚とは違うようです。

猫は夜型です。

猫の目は構造が違うので、明るい光には弱いですが闇に強いのです。でも全くの闇では何も見えません。しかし、人間にはわからないかすかな光でも闇の中にあれば、猫の目は働きます。近所を巡回したりハンティングに外出したがり、活性化するのです。でも、家猫で外を知らない場合は人間と同じリズムの時間帯で寝起きする事もあります。

猫を高い所から逆さに落としても、四本の足で音も無く着地することはよく知られてます、猫のこの平衡感覚は、もって生まれた能力ではありますが、その能力は、猫が体験を積んだ二歳位から筋肉や骨格が弾力を失わない5~6才までの、体力的に能力のある時期までです。

年齢を重ねると共に、筋力や距離感覚が衰えた猫は、ジャンプを失敗することがあります。照れ隠しに体をなめる一種の転移行動を起こします。人間でもばつが悪いときに頭をかく行動に似ていますね。

猫の聴力は犬よりも優秀らしいそうで、犬猫のご先祖は一緒ですので集団行動と単独行動の差が影響したのでしょうか。

猫の聴力の優れた点は、たくさんの音の中から、特定の音を聞き分けることです。音を聞き分け、選択して集中できる能力を持っているようです。猫は自分の名前を覚えるので、呼べば気分が良く面倒臭くなければ遠くでも飛んできます。

猫は細く長いものに興味があるらしく人差し指で猫を指すと寄って来ます。

それから親しく人の額に頭を押し付けてくる仕草や前足を左右交互に伸ばしたり縮めたりしながら、気持ち良さそうな態度を見せてくれることもあります。赤ちゃん猫の乳飲み行動のようです。人の前でおなかを見せて伸びをする仕草などはかなり癒されてる証拠です。我が家の猫は洋猫Mixなので抱っこが嫌いです。束縛を嫌う猫本来の性分でしょうか。日本猫は長い間に慣らされたのか、抱っこが好きな猫が多いようです。環境でしょうかね。まあ人間でも個性があるように猫も個体差がかなりあるようです。

猫のしっぽが左右に大きく振ったら、不満をあらわしている証で、しっぽを立てた姿は、猫が不安を感じない、満たされたときの基本姿勢です。

犬とは逆の気持ちの表現ですが しっぽが足の間や腰に低くまつわっているときは、不安の表現でこれは共通しているのかな。

猫の口元に生えているひげと、目の上に生えている上を向いたひげ、そしてあごの下に生えているやや短い剛毛は、猫が緊張したときにはすべてピンと外側に強く張って立ちます。このひげの動きから、猫は鼻からのにおいだけではなくて、ひげという触毛から情報を収集しているようです。ですから無闇にひげを切ることは止めましょう。

猫の鳴き声は豊富な表現力を持っています。

>甘え、催促、不安、恐怖、喜びなどを音と声で表現します。猫を注意深く観察していれば、猫の感情や要求かよくわかるようになってきます。 猫の気分がよいときは、オハヨウやオカエリを連呼する事もあります。朝の挨拶のオハヨウの声と仕事帰りのオカエリはいつも癒されますね。

猫は仲間を増やすと刺激が加わり、猫は活性化します。飼い主が留守でも大丈夫なようです。我が家は1匹なので飼い主にベッタリですので留守が長いとスネます。内弁慶で知らない人が来ると飛んで逃げて隠れてしまいます。

長毛種の猫は長い毛が全身をおおっています。排泄の度に、周囲の毛を汚すこともあるので、身づくろいのとき、長い毛を飲み込ませないために、毎日のブラッシングが必要です。

たまに毛玉を吐き出しますが、声が人の痰を吐く声に似ているのですぐにわかります。最初はウンチを口から吐き出したかと慌てふためきますが、形状は似ていても匂いがないのです。我が家の猫はブラッシングが大好きなのでブラシを見せれば寄って来て自分でブラッシングしやすい体勢になってくれますので楽ですね。ただし、飽きると人の手を獲物をとるように噛んで来て足蹴りしますので、毎日が格闘です。でもその姿や振る舞いが可愛くてたまらないですね。

猫は好奇心が強く、縄張り意識も本能的に持っています。 猫との対話を楽しみながら、小さい生命の不思議を見つめて、ともに暮らす喜びを、自分なりの方法で作り上げてください。

-------------------------

☆ミ 愛するペットの話に戻る

-------------------------


0120-12-5757

弊社のペット火葬プラン 



個別立会火葬 個別立会ペット火葬の流れのご説明


個別火葬+ご返骨 ご自宅にお伺いし、個別火葬いたします。


個別一任火葬 個別一任ペット火葬の流れのご説明


個別火葬+ご返骨 ご自宅にお伺いし、個別火葬いたします。
終了後はスタッフが拾骨を済ませ、骨壷に納めご返骨いたします。


散骨コース ご返骨を望まない方のために個別火葬+合同散骨サービスの流れのご説明


個別火葬+散骨 ご自宅にお伺いし、ご遺体をお預かりし個別火葬いたします。


弊社のペット火葬・ペット葬儀にかかる料金について 

ペット火葬料金は訪問・店頭すべて同額で税金込みの骨壷代込みの価格です。 詳細は下記をご覧ください。

●出張訪問・送迎ペット火葬から、ご葬儀プランなどを お客様にご提案しておりますので お気軽にご相談してください。

お別れ式 ペット火葬・お別れ式の流れのご案内詳細はこちら

●大切なご家族の葬儀・火葬を安心価格でご提供しております。

ペット火葬料金ペット火葬料金の詳細はこちらをご覧下さい。


●移動火葬車では25kgまで対応いたします。※25kg以上のペット火葬は不可です
移動火葬車 移動火葬車の詳細はこちら

ペット火葬・ペット葬儀のアメリカンペットメモリアル
フリーダイヤル 0120-12-5757
お申込み・ご相談・ご質問はこちらまで

 弊社のペット火葬・葬儀の情報 

弊社のペット火葬・ペット葬儀における出張費無料サービス地域 

東京都の23区と都下部及び埼玉県の一部・千葉県の一部が出張可能地域です。 詳細は下記をご覧ください。