東京ペット火葬,埼玉ペット火葬,千葉ペット火葬,自宅供養をおすすめする個別火葬専門店

愛するペットが亡くなったら慌てないでご連絡ください。
お問い合わせは 0120−12−5757 アメリカンペットメモリアル (ペットの安置方法)

愛するペットのための栄養素の基本

栄養素とは

動物は生命活動に必要な栄養素をものを食べる行為で体内に取り入れています。食べたものは体内で消化、吸収され体内で必要な形に合成、分解されることによりエネルギーや体の構成成分、生理機能調整のための成分などの材料になります。タンパク質・炭水化物・脂質 は 3大栄養素といわれビタミン・ミネラルを加えて5大栄養素に分けられ食物繊維を加えることで6大栄養素といわれることもあります。

3大栄養素・・・エネルギー源

タンパク質

タンパク質には筋肉・皮膚・毛・爪・骨・臓器などの体内組織の材料や
血液・酵素・ホルモン・免疫物質に関与する働きがあり、過剰摂取やエネルギー不足の際にはエネルギー源となる。
タンパク質を構成する物質は20種類ほどのアミノ酸で、体内合成できず食事によって摂取する必要があるものが必須アミノ酸です。

炭水化物

炭水化物は糖質と繊維質で分かれ、糖質はエネルギー源のひとつで全身に運ばれ機能する。糖質が不足するとエネルギー不足になり、過剰は肥満の原因になる。

脂質

脂質はタンパク質や炭水化物と比べ2倍以上のエネルギー源効果があり、
脳や生体膜、神経組織の構成、免疫物質の作成、血管の防御、ホルモンの分泌、脂溶性ビタミンの吸収などの働きに関与しています。必須脂肪酸の供給源としても働き、脂質の摂取過剰は肥満、高脂血症、脂肪肝の原因となり、摂取不足はエネルギー不足、治癒力の低下、皮膚の乾燥の原因になります。

6大栄養素・・・動物が生きるうえで必要物質

ビタミン

ビタミンは生体機能や代謝を助ける働きがあり微量でも重要です。

ミネラル

ミネラルは体の器官や組織の構成要素となる酵素やホルモンに働く重要な物質です。

食物繊維

食物繊維は繊維質ともいわれ栄養素ではないが腸内や消化管の働きに重要です。

その他

食物繊維の代わりに水を6大栄養素にしたものもありました。ペットにとって水は軽視できない大事な食品に違いありません。毎日あげるものなので水の成分は確認しておく必要があります。


☆ミ 愛するペットの話に戻る


ペット火葬・ペット葬儀の疑問におこたえします


アメリカンペットメモリアルの5つ特徴
*弊社の特徴*
ご遺体の安置方法
*ご遺体安置*
移動火葬者ってどんなもの?
*移動ペット火葬車*
レンタルの棺とは
*アメリカ棺*
返骨とは
*返骨*

弊社のペット火葬・ペット葬儀における無料サービス


個別立会無料
*個別立会無料*
送迎無料
*送迎無料*
保冷剤無料貸出
*保冷剤無料貸出*
骨上げ無料
*骨上げ無料*

弊社のペット火葬・ペット葬儀における有料サービス (オプション)


アメリカンペットメモリアルの無料サービス
*粉骨*
長期保存袋
*長期保存袋*
アメリカ製お棺;レンタル商品
*レンタル*

ホーム愛するペットの話>愛するペットペットのための栄養素の基本

- キーワードで検索できます -

  •   アメリカンペットメモリアルサイト検索  
お気に入りに追加してください  

*お申し込みされる前に*

*気になる情報*

お星様になった
ペットちゃん達のお部屋

お気軽にお電話ください。星になったペットちゃん達

*ペット火葬・ペット葬儀の受付*


フリーダイヤルマーク

 東京・埼玉・千葉は
 フリーダイヤル  0120−12−5757


 その他の地域・IP電話からの お問合せ

Tel: 042-461-3319
FAX:042−461−5193

e-mail: kayoko_k1021@yahoo.co.jp

 ペット火葬・ペット葬儀、個別立会い専門
    アメリカンペットメモリアル
 所在地 〒202-0021
  東京都西東京市東伏見5-9-24
バナー
 弊社は自宅供養を奨励しています

*ご火葬・ご葬儀が可能なペットの種類*