愛するフェレットの食事の注意点 【ペット火葬のアメリカンペットメモリアル】

通話無料:0120-12-575724時間365日ご依頼・ご相談受付中
アメリカンペットメモリアル個別火葬専門店

ホームペット関連情報まとめ集の情報愛するペットの話>愛するフェレットの食事の注意点

愛するペットが亡くなったら時の お問い合わせ アメリカンペットメモリアル

ペット火葬東京,ペット火葬埼玉,ペット火葬千葉,自宅供養をおすすめする個別火葬専門店

フリーダイヤル 0120-12-5757
お申込み・ご相談・ご質問はこちらまで
 (ペットの安置方法)

愛するフェレットの食事の注意点

ペットのフェレットの食事(えさ)について

フェレットは消化器官が短いので、3~4時間ですぐで排泄されてしまいます。いつでも好きなだけエサは食べられるようにしておきましょう。また、フェレットは基本的には肉食系(肉類)の動物ですので、たんぱく質を与えてあげることが重要です。 一番良いのはフェレットフード(フェレット専用餌)を与えることです。 たんぱく質の他、必要な栄養分がバランスよく含まれています。専用フードが市販されています。可能なら、数種類のフェレット専用餌を混ぜた方が良いそうです。理由はフェレットは食が偏りやすいので一種類の餌を与えていて、それが在庫切れした場合、 他の餌を食べなくなってしまう場合があるそうです。また、主食のエサ以外にも、おやつはしつけや飼い主とのコミュニケーションを取る手段として効果的です。時々、適切な量を与えましょう。おやつの与え過ぎは肥満の原因になりますので注意が必要です。市販のフェレット用おやつのほか、猫用の缶詰や栄養補助剤などがあるそうです。

与えてはいけない食品は

乳製品、チョコレート、スナック菓子、ナッツ類、コーヒー、紅茶、アルコール、清涼飲料水、繊維の多い果物・野菜、ニンニク、タマネギ、その他の糖分・塩分の多い食品などのようですのでむやみに与えないほうが良いでしょう。

我が家にも猫がいて、人間の食べるものに興味津々ですが人間とは体のつくりが違うのですから注意が必要です。ちなみに、フェレットと犬や猫はご先祖様が同じミアキス (Miacis) です。犬や猫ほどではありませんが非常に知能が高く、人間の声や物音の違いを敏感に聞き分け、飼い主をきちんと認識するそうです。 トイレも決まった場所にしてくれます。 完全肉食の為、野菜や穀類をうまく消化することができないようです。


☆ミ フェレットの寿命や生態についての情報に戻る

-------------------------

☆ミ 愛するペットの話に戻る

-------------------------


0120-12-5757

弊社のペット火葬プラン 



個別立会火葬 個別立会ペット火葬の流れのご説明


個別火葬+ご返骨 ご自宅にお伺いし、個別火葬いたします。


個別一任火葬 個別一任ペット火葬の流れのご説明


個別火葬+ご返骨 ご自宅にお伺いし、個別火葬いたします。
終了後はスタッフが拾骨を済ませ、骨壷に納めご返骨いたします。


散骨コース ご返骨を望まない方のために個別火葬+合同散骨サービスの流れのご説明


個別火葬+散骨 ご自宅にお伺いし、ご遺体をお預かりし個別火葬いたします。


弊社のペット火葬・ペット葬儀にかかる料金について 

ペット火葬料金は訪問・店頭すべて同額で税金込みの骨壷代込みの価格です。 詳細は下記をご覧ください。

●出張訪問・送迎ペット火葬から、ご葬儀プランなどを お客様にご提案しておりますので お気軽にご相談してください。

お別れ式 ペット火葬・お別れ式の流れのご案内詳細はこちら

●大切なご家族の葬儀・火葬を安心価格でご提供しております。

ペット火葬料金ペット火葬料金の詳細はこちらをご覧下さい。


●移動火葬車では25kgまで対応いたします。※25kg以上のペット火葬は不可です
移動火葬車 移動火葬車の詳細はこちら

ペット火葬・ペット葬儀のアメリカンペットメモリアル
フリーダイヤル 0120-12-5757
お申込み・ご相談・ご質問はこちらまで

 弊社のペット火葬・葬儀の情報 

弊社のペット火葬・ペット葬儀における出張費無料サービス地域 

東京都の23区と都下部及び埼玉県の一部・千葉県の一部が出張可能地域です。 詳細は下記をご覧ください。