動物の寿命と最後を迎えた時の話 【ペット火葬のアメリカンペットメモリアル】

通話無料:0120-12-575724時間365日ご依頼・ご相談受付中
アメリカンペットメモリアル個別火葬専門店

ホームペット関連情報まとめ集の情報愛するペットの話>動物の寿命と最後を迎えた時の話

愛するペットが亡くなったら時の お問い合わせ アメリカンペットメモリアル

ペット火葬東京,ペット火葬埼玉,ペット火葬千葉,自宅供養をおすすめする個別火葬専門店

フリーダイヤル 0120-12-5757
お申込み・ご相談・ご質問はこちらまで
 (ペットの安置方法)

動物の寿命と最後を迎えた時の話

哺乳類の心臓の脈拍数の限界は約20億回だと聞いたことがあります。

つまり、脈拍数が早いものは寿命も短く遅いほど長い・・・
ネズミが数年と短く、犬・猫でも長くて20数年であり
鼓動が遅いゾウは80年近くも生きるそうです。

人間でも過剰に運動した人は寿命が短いように感じていましたので
いつも、心が安定してストレスがない事が肝心なのかもしれませんね。
昨今の犬猫の長寿化も予防注射の徹底化や健康管理と毎日の食事への配慮が
結果を出しているそうです。
でも、甘えから糖尿病などの生活習慣病も増えているそうですので
飼い主も愛情と甘えを混同しないようにしなければなりません。

老齢化したペットは人間と同じようにいろいろな 病気や疾患が出てきてしまいます。

愛するペットも病気になったり高齢化したり、交通事故や突然死など
にわかには信じがたいその現実に戸惑い、 たまらなく辛く悲しい気持ちになります。
でも、愛するペットが最期を迎えたら、後悔しないためにも
以下の対応策を日頃から決めておくことで 心の安定につながると思います。

1.家族みんなで愛するペットの最期を見送る場所を決めておく
2.入院するのであれば、「死に目に会いたい」と動物病院や獣医に伝えておく
3.延命処置についても家族で話し合い、安楽死も考慮する
4.自宅での治療の場合、不測の事態が起きた時の対処方法を決めておく
5.不在の家族への連絡方法や心の準備を怠らず不測の事態に備えておく


★  ペットが亡くなったときの対処法

-------------------------

☆ミ 愛するペットの話に戻る

-------------------------


0120-12-5757

弊社のペット火葬プラン 



個別立会火葬 個別立会ペット火葬の流れのご説明


個別火葬+ご返骨 ご自宅にお伺いし、個別火葬いたします。


個別一任火葬 個別一任ペット火葬の流れのご説明


個別火葬+ご返骨 ご自宅にお伺いし、個別火葬いたします。
終了後はスタッフが拾骨を済ませ、骨壷に納めご返骨いたします。


散骨コース ご返骨を望まない方のために個別火葬+合同散骨サービスの流れのご説明


個別火葬+散骨 ご自宅にお伺いし、ご遺体をお預かりし個別火葬いたします。


弊社のペット火葬・ペット葬儀にかかる料金について 

ペット火葬料金は訪問・店頭すべて同額で税金込みの骨壷代込みの価格です。 詳細は下記をご覧ください。

●出張訪問・送迎ペット火葬から、ご葬儀プランなどを お客様にご提案しておりますので お気軽にご相談してください。

お別れ式 ペット火葬・お別れ式の流れのご案内詳細はこちら

●大切なご家族の葬儀・火葬を安心価格でご提供しております。

ペット火葬料金ペット火葬料金の詳細はこちらをご覧下さい。


●移動火葬車では25kgまで対応いたします。※25kg以上のペット火葬は不可です
移動火葬車 移動火葬車の詳細はこちら

ペット火葬・ペット葬儀のアメリカンペットメモリアル
フリーダイヤル 0120-12-5757
お申込み・ご相談・ご質問はこちらまで

 弊社のペット火葬・葬儀の情報 

弊社のペット火葬・ペット葬儀における出張費無料サービス地域 

東京都の23区と都下部及び埼玉県の一部・千葉県の一部が出張可能地域です。 詳細は下記をご覧ください。