ペットの熱中症の話【ペット火葬のアメリカンペットメモリアル】

通話無料:0120-12-575724時間365日ご依頼・ご相談受付中
アメリカンペットメモリアル個別火葬専門店

ホームペット関連情報まとめ集の情報愛するペットの話>ペットの熱中症の話

愛するペットが亡くなったら時の お問い合わせ アメリカンペットメモリアル

ペット火葬東京,ペット火葬埼玉,ペット火葬千葉,自宅供養をおすすめする個別火葬専門店

フリーダイヤル 0120-12-5757
お申込み・ご相談・ご質問はこちらまで
 (ペットの安置方法)

ペットの熱中症の話

ペットの熱中症 「スポーツドリンクが有効」と動物病院院長

熱中症に注意すべきなのは人間だけではない。犬や猫が熱中症にかかる例が増えている。 花園動物病院の金子賢一院長が語る。 「この時期、動物の、特に犬の熱中症で来院されるかたが増えています。アスファルトは夏の日差しで50℃を優に超える温度になります。地表から近く、体も小さい犬たちがこたえないわけがありません。日中の散歩がNGなのは当然のこと、夕方になって涼しくなったと思っても、地面はまだ相当熱を持っているので、避けた方がいい。朝、日が昇る前に行くようにしましょう。水のかわりに、スポーツドリンクを飲ませるのも有効です」  では、どうやって熱中症かどうかを見極めるか。暑い日に散歩に行くと、ハッハッハッと呼吸が荒くなるが、実はあれも熱中症の兆候のひとつだという。 高齢犬の場合、気づくのが遅いと、認知症といった後遺症が残る場合もありますから要注意です」(金子さん)大切なペットを守るのは飼い主の責任です!

犬猫の熱中症 外出時は「エアコン必須」死の危険ありと獣医

熱中症の治療を受けるペットが、やはり猛暑だった昨年に比べ2割も多いという今夏。 熱中症はじつは屋外より、屋内や車内にいるときのほうが起こりやすいので要注意だ。 「室内の温度が35度以上になり、長時間そこにいると、犬や猫は死ぬ危険性が出てきます。マンションのような密閉された空間では昼間はかなりの温度になるので、エアコンをつけずに外出して、帰宅したら犬や猫が死んでいたというケースもあります。室内の温度管理と水分補給には、充分注意してください」(広尾動物病院の村中志朗院長) ペットを留守番させて外出する場合は、どうしたらいいのだろうか。 「基本的にはエアコンは必須です。外出時などもエアコンのタイマーなどを利用して、いちばん暑い時間を乗り切れるように工夫することが必要です」(赤坂動物病院の柴内晶子副院長) ペットを連れて車で買い物などに行く場合も、車内に閉じ込められたペットが熱中症になるケースが増えているという。 「炎天下でクーラーが切れると、5分ほどで車内の温度は50度近くまで上昇します。小型犬ならわずかな時間で熱中症になってしまいます」(村中院長)

犬の熱中症 シーズー、チン、ペキニーズが要注意と獣医警告

節電の夏、人間だけではなく、熱中症にかかるペットが急増しているという。  赤坂動物病院の柴内晶子副院長によると、 「うちの病院でいうと、今年は前年比2割増しくらいです。特に多いのは犬ですね。猫はもともと砂漠の動物ともいわれていて、暑さや渇きに強いのですが、犬は冷涼な地域の出身種が多く、暑さに弱いんです」。  他にも、犬が熱中症になりやすいのにはこんな理由が。 「人間は、汗腺があって熱を放出できますが、犬の場合は口からハァハァと呼吸するか、四肢の肉球で汗を出すしかないので、非常に体温調節がしづらいんです。それに人間より体が地面に近いので、地面からの反射熱も受けやすくなります」(柴内副院長)  夏場のアスファルトは、昼間だと50度を超える熱さになる。地面に近いだけにその影響は大きく、そのまま歩かせると熱中症だけではなく、肉球を火傷する危険性も。  特に熱中症にかかりやすいのは、短頭種といって鼻の短い犬種だという。 「気道が短かったり、曲がっているため、換気が難しくなりやすいんです。シーズー、チン、ペキニーズ、フレンチブルドッグなど、いま人気の犬種は要注意ですね」(柴内副院長)  年齢は関係あるのだろうか? 「犬の場合、5才を超えると人間でいう35才を過ぎた中年で、熱中症に限らず日々の健康管理が重要になります。ぐったりしていても、熱中症なのか持病なのかわからない場合は、早めに獣医師に相談してください。5才以上の犬は、年2回以上、健康診断を受けたほうがいいですね」(柴内副院長)
※女性セブン2012年8月18・23・30日号
------------------------------------------------------

☆ミ 愛するペットの話に戻る

-------------------------


0120-12-5757

弊社のペット火葬プラン 



個別立会火葬 個別立会ペット火葬の流れのご説明


個別火葬+ご返骨 ご自宅にお伺いし、個別火葬いたします。


個別一任火葬 個別一任ペット火葬の流れのご説明


個別火葬+ご返骨 ご自宅にお伺いし、個別火葬いたします。
終了後はスタッフが拾骨を済ませ、骨壷に納めご返骨いたします。


散骨コース ご返骨を望まない方のために個別火葬+合同散骨サービスの流れのご説明


個別火葬+散骨 ご自宅にお伺いし、ご遺体をお預かりし個別火葬いたします。


弊社のペット火葬・ペット葬儀にかかる料金について 

ペット火葬料金は訪問・店頭すべて同額で税金込みの骨壷代込みの価格です。 詳細は下記をご覧ください。

●出張訪問・送迎ペット火葬から、ご葬儀プランなどを お客様にご提案しておりますので お気軽にご相談してください。

お別れ式 ペット火葬・お別れ式の流れのご案内詳細はこちら

●大切なご家族の葬儀・火葬を安心価格でご提供しております。

ペット火葬料金ペット火葬料金の詳細はこちらをご覧下さい。


●移動火葬車では25kgまで対応いたします。※25kg以上のペット火葬は不可です
移動火葬車 移動火葬車の詳細はこちら

ペット火葬・ペット葬儀のアメリカンペットメモリアル
フリーダイヤル 0120-12-5757
お申込み・ご相談・ご質問はこちらまで

 弊社のペット火葬・葬儀の情報 

弊社のペット火葬・ペット葬儀における出張費無料サービス地域 

東京都の23区と都下部及び埼玉県の一部・千葉県の一部が出張可能地域です。 詳細は下記をご覧ください。